menu
arrow_back

App Engine: Qwik Start - Python

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Deploy your app

App Engine: Qwik Start - Python

20分 クレジット: 1

GSP067

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

App Engine を使用すると、デベロッパーは最も得意な作業、つまりコードを書くことに集中できます。App Engine スタンダード環境は、Google のインフラストラクチャで実行されるコンテナ インスタンスに基づいて構築されており、コンテナはさまざまなランタイム(Java 7、Java 8、Python 2.7、Go、PHP など)で事前構成されています。各ランタイムには App Engine Standard API をサポートするライブラリが含まれます。多くのアプリケーションでは、このスタンダード環境のランタイムとライブラリがあれば十分です。

App Engine スタンダード環境を使用すると、大量のデータがあって負荷が高い状態でも確実に実行できるアプリケーションを構築、デプロイできます。App Engine スタンダード環境には次の機能が含まれます。

  • クエリ、並べ替え、トランザクションが可能な永続ストレージ
  • 自動スケーリングと負荷分散
  • リクエストの範囲外の作業を行うための非同期タスクキュー
  • 指定のタイミングまたは一定間隔でイベントをトリガーするための、スケジュール設定されたタスク
  • 他の Google Cloud サービスや API との統合

アプリケーションは、セキュリティ保護されたサンドボックス環境で実行されます。このため App Engine スタンダード環境では、リクエストを複数のサーバーに分散でき、トラフィック需要に合わせてサーバーがスケーリングされます。サーバーのハードウェア、オペレーティング システム、物理的な場所に関係なく、安全性と信頼性の高い独自の環境でアプリケーションが実行されます。

このハンズオンラボでは、簡単なメッセージを表示するシンプルな App Engine アプリケーションを作成する方法について説明します。

内容

  • アプリケーションをダウンロードする

  • アプリケーションをテストする

  • アプリケーションをデプロイする

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始