menu
arrow_back

ウェブサイトを Cloud Run にデプロイする

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Create Docker Container with Google Cloud Build

Deploy Container To Cloud Run

Create new revision with lower concurrency

Make Changes To The Website

Update website with zero downtime

ウェブサイトを Cloud Run にデプロイする

1時間 クレジット: 5

GSP659

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

ウェブサイトの運用は容易ではありません。VM、クラスタ、Pod、Service などを作成、管理するためのオーバーヘッドが発生するからです。大規模な多層アプリケーションであれば仕方ありませんが、ウェブサイトをデプロイして公開するだけの場合、こうしたオーバーヘッドは大きな負担です。

Google Cloud 上の Cloud Run という Google の KNative フレームワークの実装を使用してウェブサイトを管理、デプロイすると、VM や純粋な Kubernetes ベースのデプロイに伴うインフラストラクチャのオーバーヘッドを回避できます。管理が簡素化されるだけでなく、ウェブサイトでリクエストを受信していないときは「ゼロにスケール」できます。

コンテナに「サーバーレス」の開発環境をもたらす Cloud Run は、独自の Google Kubernetes Engine(GKE)クラスタ上で実行することも、Cloud Run が提供するフルマネージドの PaaS ソリューションで実行することもできます。このラボでは後者のシナリオを適用します。

ここでは、一般的なクラウド開発プロセスの手順に沿って以下の順序で演習を進めます。

  1. アプリケーションから Docker コンテナを作成する

  2. コンテナを Cloud Run にデプロイする

  3. ウェブサイトに変更を加える

  4. ダウンタイムなしで新しいバージョンをロールアウトする

アーキテクチャの図

以下の図で、Cloud Run にデプロイしてホストする際のフローを確認できます。

まず、Cloud Shell で Cloud Build をトリガーしてイメージを作成します。次に、Cloud Shell からコマンドを実行して、そのイメージを Cloud Run にデプロイします。

db5f05c090d5ebcb.png

学習内容

  • Cloud Build を使用して Docker イメージをビルドして gcr.io にアップロードする方法

  • Docker イメージを Cloud Run にデプロイする方法

  • Cloud Run デプロイメントを管理する方法

  • Cloud Run にアプリケーションのエンドポイントを設定する方法

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始