menu
arrow_back
戻る

What-If ツールを使用して潜在的なバイアスを特定し、Cloud AI Platform モデルを比較する

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Create an AI Platform Notebook

Clone the sample code

Execute code in JupyterLab notebook

What-If ツールを使用して潜在的なバイアスを特定し、Cloud AI Platform モデルを比較する

1時間 30分 クレジット: 5

GSP684

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは Cloud AI Platform に 2 つのモデルをデプロイし、What-If ツールを使用して、モデルと基礎となるデータセットの潜在的なバイアスを特定します。さらに、特定したバイアスに対処し、モデルを再トレーニングおよび再デプロイしてから、What-If ツールを使用してモデルを比較します。

目標

このラボでは、次のタスクを行います。

  • Cloud AI Platform Notebooks で tf.keras モデルと Scikit Learn モデルをトレーニングする。

  • AI Platform Prediction にモデルをデプロイする。

  • What-If ツールを使用してモデルを分析、比較する。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始