menu
arrow_back

Terraform を使用したモジュール式負荷分散 - リージョン ロードバランサ

search share 参加 ログイン

Terraform を使用したモジュール式負荷分散 - リージョン ロードバランサ

1時間 クレジット: 7

GSP191

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Google Cloud Platform(GCP)の負荷分散では、他のクラウド プロバイダとは違って、ルーティング インスタンスではなく転送ルールを使用します。これらの転送ルールがバックエンド サービス、ターゲット プール、URL マップ、ターゲット プロキシと組み合わされて、複数のリージョンおよびインスタンス グループにまたがって機能するロードバランサが構成されます。

Terraform はオープンソースのインフラストラクチャ管理ツールで、モジュールを使用して簡単にロードバランサを GCP にプロビジョニングできます。

目標

このラボでは、次の方法について学びます。

  • Terraform の負荷分散モジュールについて学習する。
  • リージョン TCP ロードバランサを作成する。
  • リージョン内部 TCP ロードバランサを作成する。
  • Kubernetes Engine を使用してグローバル HTTP ロードバランサを作成する。
  • グローバル HTTPS コンテンツ ベース ロードバランサを作成する。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始