menu
arrow_back
戻る

Machine Learning API との統合: チャレンジラボ

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Configure a Service Account & IAM permissions

Configure credential file for a Service Account

Modify the application to save text from images to Cloud Storage

Modify the appliction to translate text using the Language API

Query the BigQuery table

Machine Learning API との統合: チャレンジラボ

1時間 30分 クレジット: 9

GSP329

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このチャレンジラボでは、シナリオと一連のタスクが提供されます。Machine Learning API クエストで学習した内容を活用して、ご自身で制限時間内にタスクを完了する方法を見つけ出してください。タスクが適切に完了したかどうかは、このページに表示される自動スコアリング システムで確認できます。

100% のスコアを達成するには、制限時間内に全タスクを完了する必要があります。

チャレンジラボは、Google Cloud のコンセプトを学習するものではありません。ここでは、クエストで学習した内容を活用して、シナリオのソリューションを構築するという課題に取り組みます。習得したスキルを活用する能力が求められます。デフォルト値の変更が必要になることはありますが、新しいコンセプトが登場することはありません。

テスト対象トピック

  • BigQuery と Cloud Storage のサービス アカウント管理者権限を付与します。

  • Google Cloud の認証情報を Python アプリケーションに提供するために、サービス アカウントの認証情報ファイルを作成してダウンロードします。

  • Google Cloud Vision API を使用してイメージ ファイルからテキストを抽出するよう Python スクリプトを変更します。

  • Google Translate API を使用してテキストを翻訳するよう Python スクリプトを変更します。

  • BigQuery SQL クエリを実行して、抽出したデータの中に出現する言語を確認します。

設定

[ラボを開始] ボタンをクリックする前に

こちらの手順をお読みください。ラボの時間は制限されており、一時停止することはできません。[ラボを開始] ボタンをクリックするとタイマーが開始され、Cloud リソースを利用できる時間が表示されます。

この Qwiklabs ハンズオンラボでは、シミュレーションやデモ環境ではなく、実際のクラウド環境を使ってご自身でラボのアクティビティを行うことができます。一時的な認証情報が新しく提供されるため、ラボ受講中の Google Cloud Platform へのログインおよびアクセスにはその認証情報を使用してください。

前提条件

このラボを完了するには、次のものが必要です。

  • 標準的なインターネット ブラウザ(Chrome を推奨)。
  • ラボを完了するために必要な時間。

注: すでに個人の GCP アカウントやプロジェクトをお持ちの場合でも、そのアカウントやプロジェクトはラボでは使用しないでください。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始