menu
arrow_back

Developing a REST API with Go and Cloud Run

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Build with Cloud Build

REST API Deployed

Firestore database created

Build with Cloud Build

Developing a REST API with Go and Cloud Run

1時間 クレジット: 7

GSP761

Google Cloud セルフペース ラボ

画像

概要

このラボでは、次のシナリオを読んで、ビジネス課題を解決するために登場人物が行う手順を見ていきます。

Lily さんは 12 年前、獣医クリニック チェーン「Pet Theory」を開業しました。チェーンが拡大するに伴い、Lily さんはペットの治療よりも、保険会社との電話のやり取りに時間を取られるようになっています。Lily さんは、保険会社が治療の総費用だけをオンラインで確認できるようになればいいのに、と考えています。

このシリーズのラボでは、以前、コンピュータ コンサルタントの Ruby さんと DevOps エンジニアの Patrick さんが Pet Theory の顧客データベースをクラウドでのサーバーレス Firestore データベースに移行し、顧客がデータベースにアクセスしてオンラインで予約を取れるようにしました。しかし Pet Theory の運用チームは 1 人だけなので、継続的なメンテナンスをあまり必要としないサーバーレス ソリューションが求められます。

このラボでは、Ruby さんと Patrick さんの作業をサポートして、顧客の個人情報(PII)を公開せずに、保険会社が顧客データにアクセスできるようにします。サーバーレスの Cloud Run を使用して、安全な Representational State Transfer(REST)API ゲートウェイをビルドします。これにより、顧客の PII を非開示にしたまま、保険会社に治療の総費用を開示できるようになります。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始