menu
arrow_back

Cloud Functions: Qwik Start - Console

Cloud Functions: Qwik Start - Console

1クレジット

GSP081

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Google Cloud Functions は、クラウド サービスの構築と接続に使用できるサーバーレスのランタイム環境です。Cloud Functions を使用すると、クラウドのインフラストラクチャやサービスで生じたイベントに関連する、単一目的のシンプルな関数を作成することができます。対象のイベントが発生すると、Cloud Functions の関数がトリガーされ、コードがフルマネージドの環境で実行されます。インフラストラクチャをプロビジョニングする必要はなく、サーバーの管理に悩まされることもありません。

Cloud Functions の関数は JavaScript で作成され、Google Cloud Platform の Node.js 環境で実行されます。標準的な Node.js ランタイムで実行できるため、環境に依存せず、ローカルのテストをスムーズに行えます。

クラウド サービスの接続と拡張

Cloud Functions では、論理リンク層を使用して複数のクラウド サービスを接続・拡張するコードを記述できます。たとえば、Cloud Storage へのファイルのアップロード、ログの変更、Cloud Pub/Sub トピックに対するメッセージの着信をリッスンし、応答することが可能です。Cloud Functions を使用することで、既存のクラウド サービスを強化し、独自のプログラミング ロジックでより多くのユースケースに対応できます。また、Google サービス アカウントの認証情報へのアクセスにより、Datastore、Cloud Spanner、Cloud Translation API、Cloud Vision API など、大半の Google Cloud Platform サービスでシームレスに認証を行えます。さらに、非常に多くの Node.js クライアント ライブラリでサポートされているため、他のツールとの統合を簡単に行うことができます。

イベントとトリガー

クラウド イベントとは、クラウド環境で発生する変化のことを指します。たとえば、データベースでのデータの変更、ストレージ システムへのファイルの追加、新しい仮想マシン インスタンスの作成などがイベントとして扱われます。

イベントは対応の有無にかかわらず発生します。イベントへの対応(レスポンス)は、トリガーを作成して行います。トリガーは、いわば特定のイベントや一連のイベントに関心があることの宣言です。トリガーに関数をバインドすれば、イベント情報を取得して何らかの対応をとることができます。トリガーを作成して関数に関連付ける方法について詳しくは、イベントとトリガーをご確認ください。

サーバーレス

Cloud Functions では、サーバーの管理やソフトウェアの構成、フレームワークの更新、オペレーティング システムへのパッチ適用などを行う必要がありません。ソフトウェアとインフラストラクチャは完全に Google で管理されるため、コードそのものに集中することができます。また、イベントに応答してリソースが自動的にプロビジョニングされるため、特別な操作を行うことなく、1 日に何度でも関数を呼び出すことができます。

ユースケース

軽量の ETL のような非同期ワークロードや、アプリケーション ビルドのトリガーなどのクラウド上での自動処理に適しています。独自のサーバーも専任のデベロッパーも必要ありません。イベントに紐づけた Cloud Functions の関数をデプロイするだけで、作業が完了します。

Cloud Functions ではきめ細かい処理をオンデマンドで実行できるため、軽量の API や Webhook にも最適です。また、HTTP 関数のデプロイ時に HTTP のエンドポイントが自動的にプロビジョニングされるため、他のサービスのように複雑な構成を行う必要がありません。その他の Cloud Functions の使用例は、下の表でご確認いただけます。

ユースケース

説明

データ処理 / ETL

ファイルの作成、変更、削除などの Cloud Storage イベントをリッスンし、イベントに応答します。画像処理、動画のコード変換、データの検証や変換、インターネット上の任意のサービスの呼び出しといった操作を、Cloud Functions の関数から実行できます。

Webhook

単純な HTTP トリガーによって、サードパーティ システム(GitHub、Slack、Stripe など)をはじめ、HTTP リクエストを送信できるあらゆる場所から送られたイベントに応答できます。

軽量 API

疎結合・軽量のロジックを組み合わせることで、アプリケーションのビルドや拡張を迅速に行えます。関数は、イベントでトリガーされるようにすることも、HTTP/S で直接呼び出すこともできます。

モバイル バックエンド

アプリのデベロッパー向けに Google が提供しているモバイル プラットフォーム、Firebase を使用すれば、Cloud Functions でモバイル バックエンドを記述できます。これにより、Firebase Analytics、Firebase Realtime Database、Firebase Authentication、Firebase Storage からのイベントをリッスンし、イベントに応答できるようになります。

IoT

無数のデバイスのストリーミング データを Cloud Pub/Sub に取り込み、Cloud Functions を呼び出してそのデータを処理、変換、保存するといった操作を、完全にサーバーレスな形で実現できます。

このハンズオンラボでは、Google Cloud Console で Cloud Functions の関数を作成してデプロイする方法を説明します。

ラボの内容

  • Cloud Functions の関数を作成する

  • 関数をデプロイしてテストする

  • ログを表示する

Join Qwiklabs to read the rest of this lab...and more!

  • Get temporary access to the Google Cloud Console.
  • Over 200 labs from beginner to advanced levels.
  • Bite-sized so you can learn at your own pace.
Join to Start This Lab
スコア

—/100

Deploy the function

ステップを実行

/ 100