menu
arrow_back

App Engine フレキシブル環境に Ruby on Rails アプリをデプロイする

App Engine フレキシブル環境に Ruby on Rails アプリをデプロイする

45分 クレジット: 7

GSP026

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは、新しい Ruby on Rails アプリケーション(略して Rails アプリ)を Google App Engine フレキシブル環境にデプロイする方法を学びます。ダウンロード不要で使い始めることのできる Cloud Shell と Cloud SDK の使用方法について学びます。

Google App Engine フレキシブル環境のアプリケーションは作成や管理が簡単で、トラフィックやデータ ストレージの変更に合わせて容易にスケーリングできます。App Engine 環境では、サーバー管理の手間がかかりません。必要な作業は、アプリケーションをアップロードすることだけです。

Google App Engine のアプリケーションは、受信したトラフィック量に応じて自動的にスケールします。また、Google App Engine は負荷分散やマイクロサービス、認証、SQL および NoSQL データベース、トラフィック分散、ロギング、検索、バージョニング、ロールアウトとロールバック、セキュリティ スキャニングをネイティブでサポートしており、いずれも高度にカスタマイズすることができます。

ラボの内容

  • Cloud Shell を使用して新しい Rails アプリケーションを作成する方法
  • Rails アプリケーションをデプロイする前に Cloud Shell のウェブ プレビューを使用してテストする方法
  • Rails アプリケーションにスタートページを追加する方法
  • デプロイ構成の準備を行う方法
  • 新しい Rails アプリケーションを Google App Engine にデプロイする方法

要件

  • Linux の標準的なテキスト エディタ(vim、emacs、nano など)を使い慣れていること。
  • Ruby on Rails を使い慣れていること。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/5

Deploying the Application on App Engine

ステップを実行

/ 5