menu
arrow_back

Working with Amazon CloudFront for Dynamic Content Acceleration(日本語版)

Working with Amazon CloudFront for Dynamic Content Acceleration(日本語版)

1時間 57分 10クレジット

SPL-34 バージョン 4.1

© 2017 Amazon Web Services, Inc. and its affiliates.All rights reserved.
このトレーニング内容の全体または一部を複製または再配布することは、Amazon Web Services, Inc. の書面による事前の許可がある場合を除き、禁じられています。商業目的のコピー、貸与、または販売を禁止します。

記載ミスまたは修正点がある場合、aws-course-feedback@amazon.com まで E メールを送信してください。

その他の質問については、https://aws.amazon.com/contact-us/aws-training/ までお問い合わせください。

ラボの概要

Amazon CloudFront は、エッジロケーションの Amazon CloudFront グローバルネットワークを介してユーザーへのコンテンツ配信を高速化するウェブサービスです。このラボでは、Amazon CloudFront で動的なウェブサイトを配信する方法について学習します。まず、Bitnami phpBB を使用して、Amazon EC2 で動的なフォーラムウェブサイトを実行します。次に、Amazon CloudFront ウェブディストリビューションを作成し、70 以上のエッジロケーションから静的なコンテンツと動的なコンテンツを配信および受信します。

このラボは、Amazon マネジメントコンソールを使って Amazon CloudFront ディストリビューションを作成することに重点を置きます。Amazon CloudFront の機能についても確認し、さまざまなタイプの動的コンテンツをエンドユーザーに配信する速度や、応答がオリジンウェブサーバーに返信される速度を向上させる方法について学習します。このラボを修了すると、ウェブサイト全体を高速化し、スケーラブルで高速、かつ信頼できる方法でウェブサイトのサービスを向上させることができます。

技術知識の前提条件

このラボを完了するには、AWS マネジメントコンソールと基本的なネットワーク概念に関する知識が必要です。

取り上げるトピック

このラボを修了すると、次のことができるようになります。

  • AWS マネジメントコンソールを使用して Amazon CloudFront ディストリビューションを作成する
  • Amazon CloudFront ディストリビューションをカスタマイズする
  • 動的なアプリケーションにログインする

ラボを開始する

ラボタイトルの下に表示されるラボのプロパティを確認します。

  • セットアップ: ラボ環境のセットアップにかかる予測時間
  • アクセス時間: ラボが自動的にシャットダウンするまでのラボの稼働時間
  • 完了: ラボ終了までにかかる予測時間
  1. ラボを開始] をクリックして、ラボを起動します。トークンを求められたら、配布されたトークン (または購入したクレジット) を使用してください。

ラボ環境作成の進行状況がステータスバーに表示されます(ラボリソースの作成中でも AWS マネジメントコンソールにアクセスできますが、プロセスが完了するまで AWS リソースを完全には使用できません)。

  1. コンソールを開く] をクリックして、AWS コンソールに自動的にログインします。

別途指示がない限り、リージョンは変更しないでください。

一般的なログインエラー

エラー: フェデレーションログイン資格情報

このエラーが発生した場合は、次のように実行します。

  • ブラウザのタブを閉じて、ラボの最初のページに戻ります
  • 数秒間そのまま待ちます
  • もう一度、[コンソールを開く] をクリックします

これで AWS マネジメントコンソールが開くはずです。

エラー: ログアウトする必要がある

このエラーが発生した場合は、次のように実行します。

  • [ここをクリックしてください] をクリックします
  • ブラウザのタブを閉じて、ラボの最初のページに戻ります
  • もう一度、[コンソールを開く] をクリックします

Amazon CloudFront とは

Amazon CloudFront は、コンテンツ配信ウェブサービスです。他のアマゾン ウェブ サービスと連携しながら、開発者や事業主に、コンテンツを配信するための簡単な手段を提供します。少ないレイテンシー、高速なデータ転送速度を特徴としており、コミットメントは必要ありません。

Amazon CloudFront では、エッジロケーションのグローバルネットワークを使用して、動的コンテンツ、静的コンテンツ、ストリーミングコンテンツ、インタラクティブコンテンツを含むウェブサイト全体を配信できます。コンテンツリクエストは、最寄りのエッジロケーションに自動的にルーティングされるため、可能な限り高パフォーマンスでコンテンツが配信されます。

Amazon CloudFront は、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、Amazon Elastic Load Balancing、Amazon Route 53 など、他のアマゾン ウェブ サービスと連携するように最適化されています。Amazon CloudFront は、オリジナルファイルの最終バージョンが保存されている AWS 以外のオリジンサーバーともシームレスに連携します。

他のアマゾン ウェブ サービスと同様に、Amazon CloudFront を使用するための契約や月額料金はありません。コンテンツ配信サービスを使って実際に配信されたコンテンツの量に対してのみ使用料金が発生します。

Join Qwiklabs to read the rest of this lab...and more!

  • Get temporary access to the Amazon Web Services Console.
  • Over 200 labs from beginner to advanced levels.
  • Bite-sized so you can learn at your own pace.
Join to Start This Lab