menu
arrow_back

API Explorer: Cloud SQL

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Build a Cloud SQL instance with API Explorer

Create a database in your Cloud SQL instance

Create a Cloud Storage bucket

Upload the CSV file to your Cloud Storage bucket

Add Storage Admin role to Cloud SQL service account

API Explorer: Cloud SQL

1時間 クレジット: 5

GSP423

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Google API Explorer は、さまざまな Google API をインタラクティブに試すことができるツールです。API Explorer を使用すると、以下のようなことができます。

  • 利用可能な API とバージョンをすばやくブラウジングする。
  • 各 API で利用可能なメソッドを表示して、サポートされているパラメータやインライン ドキュメントを確認する。
  • 任意のメソッドに対してリクエストを実行し、リアルタイムでレスポンスを確認する。
  • 認証および承認済みの API 呼び出しを行う。
  • すべてのサービス、メソッド、最近のリクエストの中から目的のものをすばやく検索する。

Cloud SQL は、クラウド上の PostgreSQL と MySQL のリレーショナル データベースを簡単に設定、維持、運用、管理できるようにするフルマネージド データベース サービスで、高い性能、スケーラビリティ、利便性が提供されます。Google Cloud Platform 上でホストされる Cloud SQL では、どこでもアプリケーションを実行できるデータベース インフラストラクチャを利用できます。

このラボでは、まず、Cloud SQL インスタンスを作成して MySQL データベースをアタッチします。次に、サンプル CSV ファイルを作成して Cloud Storage にアップロードし、MySQL データベースにテーブルを作成してファイルの内容を pull します。最後に、データベースとその関連データを削除します。これらのタスクに Cloud SQL Admin API を使用し、API Explorer ツールからさまざまなメソッドを呼び出します。

目標

このラボでは、API Explorer ツールを使用して次の作業を行います。

  • Cloud SQL インスタンスを作成する。
  • MySQL データベースを構成して Cloud SQL インスタンスにアタッチする。
  • Cloud Storage バケットから CSV データを pull して、MySQL データベースのテーブルにアップロードする。
  • MySQL データベースを削除する。

前提条件

これは基礎レベルのラボです。API の基本的な機能とアーキテクチャに精通している必要があります。また、Google Cloud Shell とコマンドライン インターフェース ツールの使用経験があるとなおよいでしょう。

API Explorer ツールに関する知識があることも推奨されます。このため、このラボを受講する前に少なくとも次に示すラボを受講してください。

Cloud SQL をまだよく理解していない場合は、Cloud SQL for MySQL: Qwik Start ラボと SQL for BigQuery と Cloud SQL の概要ラボを受講すると、このラボの内容を理解するのに役立ちます。準備ができたら、下にスクロールし、以下に示す手順に沿ってラボ環境を設定します。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始