menu
arrow_back

コンテナへの GKE 移行

コンテナへの GKE 移行

1時間 15分 クレジット: 9

GKE-Engine.png

GSP475

Google Cloud セルフペース ラボ

コンテナは急速にソフトウェア アプリケーションのデプロイ方法の業界標準になりつつあります。ワークロードのコンテナ化にはビジネス上と技術上の利点があり、アプリケーションをコンテナに移行するチームが増えています。このデモでは、ステートレス アプリケーションを VM 上での実行から Kubernetes Engine(GKE)上での実行に移行するための基本的なチュートリアルを提供します。ここでは、アプリケーションを一般的な VM / OS ベースのデプロイからコンテナ用の特別な OS に移行し、次に GKE と呼ばれるコンテナ用プラットフォームに移行するライフサイクルを示します。

概要

コンテナを使用してアプリケーションをデプロイすることには多くの利点があります。たとえば、以下のような利点があります。

  1. 分離 - アプリケーションは独自のライブラリを使用するので、他のアプリケーションの他のライブラリとの競合が発生しません。

  2. 制限(CPU やメモリの制限) - アプリケーションは他のアプリケーションのリソースを消費できません。

  3. ポータビリティ - コンテナには必要なものがすべて含まれているため、特定の OS やクラウド プロバイダに束縛されません。

  4. 軽量 - カーネルを共有するので、OS のフルイメージよりずっと小さく高速になります。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Create Deployment

ステップを実行

/ 50

Load Testing

ステップを実行

/ 30

Scale prime-server deployment

ステップを実行

/ 20