menu
arrow_back

Kubernetes Engine での Stackdriver によるモニタリング

Kubernetes Engine での Stackdriver によるモニタリング

1時間 クレジット: 5

GKE-logo.png

GSP497

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Kubernetes Engine Monitoring は Cloud Monitoring の新機能です。より密接に GKE に統合され、クラスタやクラスタで実行されるワークロードとサービスに関する主要な統計情報をわかりやすく示します。この新機能には、Prometheus エンドポイントを持つポッドからの指標をネイティブな Cloud Monitoring 指標としてインポートする機能が含まれています。これにより、ワークロードを追加することなく、Prometheus の指標に Cloud Monitoring のネイティブ アラート機能を使用できます。

このラボでは、Kubernetes Engine クラスタでの指標の Monitoring と可視化を設定します。ここでは Terraform という宣言型の Infrastructure as Code ツールを使用します。このツールにより、クラウド内のインフラストラクチャのデプロイと更新を自動化する構成ファイルを使用することができます。Kubernetes Engine クラスタのログを利用して、Cloud Monitoring の Monitoring 機能を学習します。

注: Cloud Monitoring ワークスペースの設定は、Terraform や gcloud コマンドライン ツールで現在サポートされていないため、スクリプトでは自動化されません。

このラボは、Kubernetes Engine での Cloud Monitoring による Monitoring について理解を深めるために GKE Helmsman のエンジニアによって作成されました。このデモは Github でご覧いただけます。このアセットへのコントリビューションをぜひお寄せください。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Create Cloud Monitoring workspace

ステップを実行

/ 20

Deploy the cluster and required resources using Terraform

ステップを実行

/ 40

Teardown (Clean-up)

ステップを実行

/ 40