menu
arrow_back

Autoscaling an Instance Group with Custom Cloud Monitoring Metrics

—/100

Checkpoints

arrow_forward

Create a GCS bucket

Create an instance template

Create an instance group

Configure autoscaling for the instance group

Autoscaling an Instance Group with Custom Cloud Monitoring Metrics

1時間 クレジット: 7

GSP087

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは、カスタム Cloud Monitoring メトリックの値に基づいて自動スケーリングする Compute Engine マネージド インスタンス グループを作成します。

目標

  • 自動スケーリング Compute Engine インスタンス グループをデプロイします。
  • インスタンス グループのスケーリングに使用するカスタム指標を作成します。
  • Cloud Console を使用して、カスタム指標とインスタンス グループのサイズを可視化します。

アプリケーション アーキテクチャ

自動スケーリング アプリケーションでは、Compute Engine インスタンスにインストールされた Node.js スクリプトが使用されます。このスクリプトを実行すると、Cloud 指標に数値を報告できます。このラボでは、Node.js や JavaScript に関する知識は必要ありません。アプリケーションでは、指標の値に基づき必要に応じて、Compute Engine インスタンス グループの自動スケールアップや自動スケールダウンが行われます。

Node.js スクリプトを使用してカスタム指標に値が提供され、その値に応じてインスタンス グループが動作します。本番環境では、実際のユースケースに関連する指標に基づいて自動スケーリングを行うことになります。

このアプリケーションは、次のコンポーネントで構成されています。

  1. Compute Engine インスタンス テンプレート - インスタンス グループ内の各インスタンスの作成に使用されるテンプレート。
  2. Cloud Storage - 起動スクリプトなどのスクリプト ファイルをホストするために使用されるバケット。
  3. Compute Engine 起動スクリプト - 各インスタンスに必要なコード コンポーネントをインストールする起動スクリプト。起動スクリプトは、インスタンスの起動時に自動的にインストールされ開始されます。起動スクリプトが実行されると、Cloud カスタム指標に値を書き込むコードがインスタンスにインストールされ、開始されます。
  4. Compute Engine インスタンス グループ - Cloud Monitoring の指標値に基づいて自動スケーリングを行うインスタンス グループ。
  5. Compute Engine インスタンス - 状況に応じて数が変わる Compute Engine インスタンス。
  6. Cloud Monitoring カスタム指標 - Compute Engine インスタンス グループの自動スケーリングの入力値として使用されるカスタム モニタリング指標。

49026757e5fe0712.png

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始