menu
arrow_back

Exploring NCAA Data with BigQuery

search share 参加 ログイン

Exploring NCAA Data with BigQuery

45分 クレジット: 5

GSP160

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

BigQuery は、Google が低料金で提供する NoOps のフルマネージド分析データベースです。BigQuery を使用すると、インフラストラクチャを管理したりデータベース管理者を配置したりすることなく、テラバイト単位の大規模なデータをクエリできます。また、BigQuery では SQL が採用されており、従量課金制モデルでご利用いただけます。このような特長を活かし、お客様は有用な情報を得るためのデータ分析に専念できます。

NCAA バスケットボールの試合、チーム、選手のデータセットを新たに利用できるようになりました。試合データには、2009 年以降のプレイバイプレイとボックススコア、1996 年以降の最終スコアが含まれます。一部のチームについては、1994~1995 年シーズン以降の勝敗に関するデータも追加されています。

このラボでは、BigQuery を使って NCAA データセットを探し、クエリします。

ラボの内容

  • BigQuery の使用

  • NCAA 一般公開データセットに対するクエリ

  • クエリの作成と実行

必要なもの

  • Google Cloud プロジェクト

  • ChromeFirefox などのブラウザ

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始