menu
arrow_back

StatefulSets を使用して Kubernetes で MongoDB データベースを実行する

StatefulSets を使用して Kubernetes で MongoDB データベースを実行する

1時間 クレジット: 7

GSP022

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Kubernetes は、コンテナ化されたアプリケーションの複雑な実行に対処するためのオープンソースのコンテナ オーケストレーション ツールです。Kubernetes アプリケーションは、さまざまなカスタマイズや統合を提供する GCP コンピューティング サービスである Kubernetes Engine を使用して実行できます。このラボでは、StatefulSet を使用した MongoDB データベースの設定方法を学び、Kubernetes の実践的な経験を積むことができます。ステートレス サービス(コンテナ)上でステートフル アプリケーション(データベース)を実行することは一見矛盾しているようですが、このラボで実践演習を行うと、そうでないことがすぐにわかります。具体的には、いくつかのオープンソース ツールを使用して、Kubernetes とステートレス サービスがどのように密接に結びついているかを説明します。

ラボの内容

このラボでは、次のことを学びます。

  • Kubernetes クラスタ、ヘッドレス サービス、StatefulSet をデプロイする。

  • Kubernetes クラスタを MongoDB レプリカセットに接続する。

  • MongoDB レプリカセットのインスタンスをスケールアップ、またはスケールダウンする。

  • 環境をクリーンアップし、上記のサービスをシャットダウンする。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Create a new Cluster

ステップを実行

/ 25

Create the StorageClass

ステップを実行

/ 25

Deploying the Headless Service and StatefulSet

ステップを実行

/ 25

Scaling the MongoDB replica set

ステップを実行

/ 25