menu
arrow_back
戻る

Kubernetes Engine に ASP.NET Core アプリをデプロイする

—/25

Checkpoints

arrow_forward

Create Kubernetes Cluster

Create your pod

Allow external traffic

Scale up your service

Roll out an upgrade to your service

Kubernetes Engine に ASP.NET Core アプリをデプロイする

50分 クレジット: 9

GSP030

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

ASP.NET Core は、インターネットに接続された最新のクラウドベースのアプリケーションを C# プログラミング言語を使用してビルドするための、オープンソースの新しいクロスプラットフォーム フレームワークです。

Kubernetes はオープンソースのプロジェクトで、ノートパソコンから可用性の高いマルチノード クラスタ、パブリック クラウドからオンプレミスのデプロイ、仮想マシンからベアメタルまで、さまざまな環境で実行できます。

このラボでは、Container Engine で動作する Kubernetes にシンプルな ASP.NET Core アプリをデプロイします。このラボは「Google Cloud Shell からの ASP.NET Core アプリの構築と起動」ラボをベースに作成されています。そのため、ベースとなるラボを先に完了することをおすすめします。

このラボでは、既存のコード(ここではシンプルな Hello World ASP.NET Core アプリ)を変換し、複製済みのアプリケーションとして Kubernetes で実行します。自分のマシンで開発したコードを Docker コンテナ イメージに変換してから、そのイメージを Container Engine で実行します。

次の図はこのラボで利用するさまざまなパーツを示しています。全体がどのように構成されるのか理解するのに役立つでしょう。図を参照しながら進めれば、終了する頃には内容をすべて理解できるようになります(現時点で理解できなくても問題ありません)。

app_arch.png

このラボでは、Container Engine(Google がホストし、Compute Engine で実行される Kubernetes の 1 バージョン)などのマネージド環境を使用するため、基盤となるインフラストラクチャの設定を気にせずに Kubernetes の操作に集中できます。

Kubernetes を開発用のノートパソコンなどのローカルのマシンで実行したい場合は、Minikube について調べることをおすすめします。この機能を使うと、単一ノードの Kubernetes クラスタをシンプルな設定で構築し、開発やテストに利用できます。Minikube をこのラボの学習に使用することも可能です。

ラボの内容

  • シンプルな ASP.NET Core アプリを Docker コンテナとしてパッケージ化する
  • Kubernetes クラスタを Container Engine に作成する
  • ASP.NET Core アプリをポッドにデプロイする
  • ポッドへの外部トラフィックを許可する
  • サービスをスケールアップし、アップグレードをロールアウトする
  • Kubernetes グラフィカル ダッシュボードを実行する

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始