menu
arrow_back

VM の移行: 評価

VM の移行: 評価

1時間 クレジット: 5

GSP620

Google Cloud Self-Paced Labs

概要

紹介

次の 4 ステップからなる Google Cloud のクラウド移行プロセスによって、明確で再現性のある移行が可能となります。

migration.png

  1. 評価: 現在の環境を評価して、既存のリソースを確実に把握し、移行の移動グループを定義します。

  2. 計画: アプリの移動方法を計画し、ワークロードに対応できる基本的なクラウド インフラストラクチャを構築します。たとえば、ID 管理、組織とプロジェクトの構造、ネットワーキング、アプリの分類、優先度に沿った移行戦略などを計画します。

  3. デプロイ : Google の Velostrata や CloudEndure のライブ マイグレーション ツールなど、Google Cloud の推奨移行ツールのいずれかを活用して、既存のオンプレミス サーバーまたはクラウドベース サーバーを GCP にデプロイします。

  4. 最適化: 新しく移行したワークロードを最適化して、GCP が企業にもたらすことができる最大限のコストメリットや運用効率を実現します。

このラボでは「評価」フェーズについて学びます。評価や発見のために Google Cloud では [Stratozone](http://www.stratozone.com/)や [CloudPhysics](https://www.cloudphysics.com/)などの技術パートナーを利用します。

このラボでは CloudPhysics を利用して評価ツールのさまざまな機能を学びます。これは、あるツールが他のツールよりも優先されることを示すものではありません。評価ツールの機能を学習するためのものです。

演習内容

このラボでは、次の方法について学びます。

  • AWS アカウントにログインする。
  • AWS プロジェクトが CloudPhysics と通信できるようにする。
  • CloudPhysics コンソールにログインする。
  • VMware vCenter VM を調査する。
  • 評価レポートを作成する。
  • 評価レポートをチェックする。
  • コスト(TCO)を調査するために GCP シミュレータを使用する。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Amazon Web Services コンソール への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Create CloudPhysics Read Only Policy

ステップを実行

/ 40

Create CloudPhysics AWS Role and attach policy for AWS Role

ステップを実行

/ 40

Upload an assessment report on S3 (ql-cf-templates-xxxx...)

ステップを実行

/ 20