menu
arrow_back

Apigee を使用した API 管理

Apigee を使用した API 管理

1時間 15分 クレジット: 7

GSP163

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

モバイルアプリ、スマートフォン、コネクテッド エクスペリエンスのサービスは API に基づいており、そのような API を管理、セキュリティ保護、分析、スケーリングする必要があります。Apigee Edge では、アプリ デベロッパーがサービスを直接使用することなくアクセスできる API プロキシを作成できます。Apigee Edge は、API プロキシの開発と管理を行うためのプラットフォームです。プロキシはバックエンド サービス API のフロントエンドとして機能する抽象化レイヤと見なすことができ、セキュリティ、レート制限、割り当て、分析などの付加価値機能を提供します。

分析ツールを使用することにより、API の使用状況の傾向を短期、長期の両面で確認できます。次のことができます。

  • 上位のデベロッパーやアプリ別にオーディエンスを分類する
  • API メソッドごとの使用状況を確認して、投資すべき分野を把握する
  • ビジネスレベルまたは運用レベルの情報に関するカスタム レポートを作成する

このラボでは、Google Cloud Platform で実行される公開 HTTP バックエンド サービスを使用する Apigee API プロキシを作成します。ここでは以下について学びます。

  • Apigee を使用して API を作成し、使用する方法

  • Google Datastore のデータを使用して JSON ペイロードを返す方法

  • データにアクセスして機能をテストする方法

58291c2f97ddd5a4.png

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始