menu
arrow_back

Cloud Run を使用して PDF ファイルを作成するサーバーレス アプリをビルドする

Cloud Run を使用して PDF ファイルを作成するサーバーレス アプリをビルドする

1時間 クレジット: 7

GSP644

Google Cloud セルフペース ラボ

画像

概要

「GCP サーバーレス ワークショップ: Pet Theory」クエストのラボでは、架空のビジネス シナリオを読み、サーバーレス移行計画において登場人物をサポートしていきます。

Lily さんは 12 年前、獣医クリニック チェーン「Pet Theory」を開業しました。現在、Pet Theory では請求書を DOCX 形式でクライアントに送っていますが、ファイルを開けないという苦情が多く寄せられています。クライアント満足度の向上に向けて、Lily さんは IT 部門の Patrick さんに現状を改善するための代替案の調査を依頼しました。

運用チームのメンバーが 1 人しかいないため、望ましいのは運用中のメンテナンスに手間がかからないコスト効率の良いソリューションです。さまざまな選択肢を検討した結果、Patrick さんは Cloud Run を使用することにしました。

Cloud Run はサーバーレスであるため、すべてのインフラストラクチャ管理を抽象化し、オーバーヘッドを心配せずにアプリケーションのビルドに集中できます。しかも、Google サーバーレス プロダクトとして、使用しない場合はゼロにスケールできコストが発生しません。また、コンテナに基づくカスタム バイナリ パッケージを使用できるため、一貫性のある分離されたアーティファクトをビルドできるようになりました。

このラボでは、Cloud Storage に保存されているファイルを PDF に自動的に変換して別のフォルダに保存する機能を持つ、PDF コンバータ ウェブ アプリを Cloud Run 上でビルドします。

アーキテクチャ

この図は、使用するサービスの概要と、サービスが相互に接続する様子を示しています。

arch.png

学習内容

このラボでは、次の方法について学びます。

  • Node JS アプリケーションをコンテナに変換する。
  • Google Cloud Build でコンテナをビルドする。
  • クラウドでファイルを PDF ファイルに変換する Cloud Run サービスを作成する。
  • Google Cloud Storage でイベント処理を使用する。

要件

これは基礎レベルのラボです。このラボでは、GCP Console とシェル環境に精通していることを前提としています。Firebase の使用経験は役立ちますが、必須ではありません。このラボを受講する前に、次の Qwiklabs を完了しておくことをおすすめします。

さらに、ファイルの編集にも慣れている必要があります。お好みのテキスト エディタ(nanovi など)を使用するか、上部のリボンにある Cloud Shell からコードエディタを起動できます。

ba731110a97f468f.png

準備ができたら下にスクロールし、手順に沿ってラボ環境を設定します。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Build simple a REST API

ステップを実行

/ 20

Create a Revision for Cloud Run

ステップを実行

/ 20

Create two cloud storage buckets

ステップを実行

/ 10

Create a Pub/Sub topic for receiving notification from storage bucket

ステップを実行

/ 10

Create a Pub/Sub subscription

ステップを実行

/ 10

Create another build for REST API

ステップを実行

/ 15

Create a new Revision

ステップを実行

/ 15