menu
arrow_back

Prometheus、Grafana、Jaeger、Kiali を使用してサービスを調べる

Prometheus、Grafana、Jaeger、Kiali を使用してサービスを調べる

1時間 クレジット: 7

GSP655

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

はじめに

このラボでは、アダプタとアドオンを使用してテレメトリーを収集するための、Istio の柔軟なモデルについて学びます。Prometheus、Grafana、Jaeger、Kiali などの Istio テレメトリー アドオンは、オンプレミスで実行している場合でも、サービスのビルドおよび運用をサポートするように設計されています。

従来、サービスはこれらのバックエンド システムと直接統合されており、ハード カップリングを作成し、特定のセマンティクスと使用オプションを組み込んでいます。

代わりに Istio は統一された抽象化を提供することにより、任意の数のインフラストラクチャ バックエンドとの連携を可能にします。これにより、サービス開発者に負担をかけずに、オペレーターは充実した制御を行うことができます。Istio はレイヤ間の境界を変更するように設計されており、それにより、システムの複雑さの軽減、サービスコードからのポリシー ロジックの排除、さらにオペレーターの制御が可能になります。

Mixer は、テレメトリーの収集機能を提供する Istio コンポーネントです。さまざまなインフラストラクチャ バックエンドを処理する Mixer の柔軟性は、その汎用プラグイン モデルによるものです。個々のプラグインはアダプタと呼ばれ、それらを使用して、ロギング、モニタリングなどのコア機能を提供するさまざまなインフラストラクチャ バックエンドに Mixer を接続できます。実行時に使用される厳密なアダプタのセットは、構成に基づいて決定され、新規またはカスタムのインフラストラクチャ バックエンドを対象とするように簡単に拡張できます。

Mixer アダプタ トポロジ

目標

このラボでは、次のタスクの実行方法について学びます。

  • Istio テレメトリー アドオンのインストールについて理解する。
  • Prometheus を使用して Istio 指標のクエリを実行する。
  • Grafana を使用して Istio 指標を可視化する。
  • Jaeger を使用してトレースを生成および可視化する。
  • Kiali を使用してサービス メッシュを可視化する。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始