menu
arrow_back

Kubernetes Engine: Qwik Start

search share 参加 ログイン

Kubernetes Engine: Qwik Start

30分 クレジット: 1

GSP100

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

Google Kubernetes Engine(GKE)は、Google のインフラストラクチャを使用して、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイ、管理、スケーリングを行うマネージド環境を提供します。Kubernetes Engine 環境は複数のマシン(具体的には、Compute Engine インスタンス)で構成されており、これらのマシンがグループ化されてコンテナ クラスタを形成します。このラボでは、GKE を使用してコンテナを作成し、アプリケーションをデプロイする方法を実践形式で学びます。

GKE によるクラスタ オーケストレーション

GKE では、Kubernetes オープンソース クラスタ管理システムが使用されます。Kubernetes は、コンテナ クラスタを操作するメカニズムを提供します。Kubernetes のコマンドとリソースを使用して、アプリケーションのデプロイや管理、管理タスクの実行やポリシーの設定、デプロイ済みワークロードの状態のモニタリングを行うことができます。

Kubernetes では、よく使用されている Google サービスと同じ設計原理が使われており、自動管理、アプリケーション コンテナのモニタリングと稼働状況のプローブ、自動スケーリング、ローリング アップデートなどの機能が、Google サービスと同じように提供されています。コンテナ クラスタでアプリケーションを実行するときに利用するテクノロジーは、本番環境のワークロードをコンテナで 10 年以上実行してきた Google の経験に裏付けられています。

Google Cloud での Kubernetes の使用

GKE クラスタを実行すると、Google Cloud が提供する高度なクラスタ管理機能のメリットも得られます。たとえば、次のようなものです。

Kubernetes の基本事項を理解したところで、今度は GKE を使用して、コンテナ化されたアプリケーションを短時間(30 分弱)でデプロイする方法を学習しましょう。以下に示す手順に沿ってラボ環境を設定してください。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始