menu
arrow_back

Deployment Manager - 完全な本番環境

Deployment Manager - 完全な本番環境

1時間 30分 クレジット: 9

GSP060

Google Cloud セルフペース ラボ

概要

このラボでは、インフラストラクチャ オーケストレーション ツールである Deployment Manager を使用してサービスを起動し、Stackdriver を使用してサービスをモニタリングします。Stackdriver で、Stackdriver ダッシュボードを使って基本的なブラック ボックス モニタリングをセットアップし、稼働時間チェック(アラート通知)を設定してインシデントのレスポンスをトリガーします。

具体的には以下を行います。

  1. Deployment Manager のサンプル テンプレートを使用して高度なデプロイメントをインストール、設定します。
  2. Stackdriver Monitoring を有効にします。
  3. Stackdriver の稼働時間チェックと通知を構成します。
  4. Stackdriver ダッシュボードに、CPU 使用率と上りトラフィックを示す 2 つのグラフを構成します。
  5. 負荷テストを行い、サービス停止をシミュレーションします。

Stackdriver Monitoring を使うと、クラウドで実行されるアプリケーションのパフォーマンスや稼働時間、全体的な動作状況を確認できます。Stackdriver は、Google Cloud Platform や Amazon Web Services、ホステッド稼働時間プローブ、アプリケーション インストルメンテーション、その他さまざまな一般的なアプリケーション コンポーネント(Cassandra、Nginx、Apache Web Server、Elasticsearch など)から、指標、イベント、メタデータを収集します。そしてこれらのデータを取り込み、ダッシュボード、チャート、アラートを介して分析情報を提供します。Stackdriver のアラート機能を Slack や PagerDuty、HipChat、Campfire などと統合し、共同作業に役立てることができます。

Qwiklabs に参加してこのラボの残りの部分や他のラボを確認しましょう。

  • Google Cloud Console への一時的なアクセス権を取得します。
  • 初心者レベルから上級者レベルまで 200 を超えるラボが用意されています。
  • ご自分のペースで学習できるように詳細に分割されています。
参加してこのラボを開始
スコア

—/100

Deploy the application

ステップを実行

/ 50

Configure an uptime check and alert policy in Cloud Monitoring

ステップを実行

/ 25

Create a test VM with ApacheBench

ステップを実行

/ 25