menu

SysAdmin on AWS for Windows

Steps 4時 26分 43クレジット

Learn how to use system administration tools in the AWS cloud, including PowerShell, Storage Spaces and Microsoft System Center.

Objectives

This quest is designed to help you navigate through a sequence of related topics and AWS services as it relates to SysAdmin on AWS for Windows, including services to deploy and manage your Microsoft Windows-based environment in the AWS cloud.

Quest Outline

ハンズオンラボ

AWS Tools for Windows PowerShell: Getting Started (日本語版)

このラボでは、AWS Tools for Windows PowerShell をセットアップして使用するステップについて説明します。このツールキットを使用すると、Windows PowerShell を使用してオンプレミスの Windows 環境を管理するのと同じ方法で AWS リソースを管理できます。AWS Tools for Windows PowerShell で使用できる各種認証タイプについて調べます。このラボの最後では、AWS Tools for Windows PowerShell

English 日本語 简体中文 繁體中文
ハンズオンラボ

warning Using Windows PowerShell Desired State Configuration in AWS

This lab will take you through the steps by which Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC) can be used to automatically monitor and configure other instances in the same domain. You use Windows PowerShell DSC to run specific PowerShell scripts to monitor systems and, if they deviate from the desired state, run scripts to restore the desired configuration on the system. You will use DSC pull and push modes to perform this task. You will use a simple DSC PowerShell script that will remotely install the Windows IIS role on another server in the same domain.

ハンズオンラボ

Using Windows Server Storage Spaces with Amazon EBS

This lab leads you through the steps to launch an Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) instance using an Amazon Machine Image (AMI), add multiple disks to the instance, and build a tiered storage pool with SSD and magnetic volumes. You will also create a virtual disk using the storage pool. At the end of this lab, you will understand how to build a virtual disk pool with different storage tiers using Amazon EBS and Windows Storage Spaces and see how to connect to Storage Spaces from another machine via iSCSI.

English 简体中文 繁體中文
ハンズオンラボ

warning Microsoft ADFS and AWS IAM

このラボでは、Windows ADFS に AWS IAM を設定し、必要な Active Directory ユーザーとグループによ AWS マネジメントコンソールにアクセスできるようにするプロセスを説明します。Security Assertion Markup Language (SAML) の AWS サポートを利用します。SAML は、多くのアイデンティティプロバイダーが使用するオープンスタンダードです。この機能では、フェデレーティッドシングルサインオン (SSO) が有効になり、ユーザーは Active Directory Federation Services のような SAML 互換アイデンティティプロバイダー (IdP) からのアサーションを使用して、AWS マネジメントコンソールへのサインインや、プログラムの AWS API 呼び出しを行うことができます。このラボを正常に完了するには、Windows Server の基本的な管理に精通していて、フェデレーティッドアイデンティティや一般的なアイデンティティプロバイダーの各種技術、SAML、LDAP、Active Directory、特に AWS IAM に詳しく、概念をよく理解している必要があります。

English 日本語

Enroll

Enroll Text

Add
home
ホーム
school
カタログ
menu
もっと見る
もっと見る